2006年06月23日

あぁ終戦

日本のW杯が終わりました。これが日本の実力ということですかね。あぁ……やっぱ悔しいですね。敗因はなんですかね……全部でしょうね。でもこういった積み重ねが日本サッカーの歴史になっていくのだと思います。救いはグループリーグでブラジルから点を取れたのは日本だけだったということですね。少し過去を振り返ってみます。前回大会はホームアドバンテージがあって組み合わせに恵まれすぎだった面がありました。よってあまり参考にならないので前々回のフランスW杯と比べてみると失点数が大幅増加した代わりに勝ち点を1得ることができ2回リードの状況つくりました。これを進化とみるか退化とみるか………難しいところですが私は進化とみてます。相当甘めですが(笑)次の大会ではリードを保つサッカーをするためにはどうすればいいのかといった点を改善していければいいですね。ボブ夫のどうでもいいことでした。
posted by ボブ夫 at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 本当にどうでもいいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19721718

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。