2005年07月24日

東アジア選手権

少し前、東アジア選手権のサッカー日本代表が発表がされましたね。
東アジアに田中達、今野ら新戦力を選出
注目されたのは初召集された3人でした。今野(東京)村井(磐田)田中(浦和)の三人は以前から代表入りが期待されている選手でした。また阿部(千葉)も復帰しています。ジーコは今までほとんど固定メンバーで戦ってきています。そのために層の薄さを指摘されてきました。しかし、その固定したメンバーで戦ってきたお陰で連携は深まり最近のコンフェデ杯での善戦につながっています。ではなぜ今回、新戦力を試すことになったのでしょうか?主な理由は本人も言っているように

@欧州組を召集できない(クラブの合宿や移籍問題)
AW杯予選の突破を決め、コンフェデも終わり一段落がつき、新戦力を試すには今が最適

といったことが挙げられます。その割には新選出の選手がもっといてもいいんじゃないのか?という批判はありますが、あまりにも呼びすぎては今までの積み上げ(メンバー固定により深めてきた連携)がなくなってしまうので今回ぐらいが妥当でしょう。ジーコの方針は競争が少なく、批判の対象となりやすいです。しかしアジア杯優勝、W杯予選突破、強豪国との戦いぶり(チェコ戦、イングランド戦、ブラジル戦など)を見ていくと及第点どころか合格点が与えられると思います。これだけの結果を残しているのですから、もう少し信頼してあげてもいいんじゃないですかねえ(笑)

話はそれましたが今回のジーコが初召集したメンバーを見ると、どれもはっきりとした自分の武器を持っていることが分かります。田中はドリブル、今野は守備力、村井は速いクロスボール。恐らくジーコの頭の中ではW杯に選ぶ選手はほぼ確定しているのでしょう。後は戦術的オプションを探しているのだと思います。コンフェデで大黒が演じたスーパーサブ的選手、ジーコジャパンには今までいなかった中盤のフィルター役、特に薄いサイドの控え。初召集された彼らはジーコの期待に応えることができるのでしょうか?楽しみですねえ〜。といってジーコが一回も使わなかったりして・・・・ボブ夫のどうでもいいことでした。

日本サッカー協会オフィシャルビデオ 日本代表激闘録 アジアカップ 中国 2004 V2
B000657QCO中田浩二 ジーコ 川口能活 中村俊輔

おすすめ平均
stars見応えあり
starsアジアカップの激闘を再び
stars良かったです
stars2連覇は奇跡じゃない!!!
stars何度みても・・・!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by ボブ夫 at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5327385

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。