2005年07月25日

人権擁護法案見送り

人権擁護法案なるものがあるそうですね。なにやらネット界でヤバイヤバイと騒いでるようです。その法案の今国会中の提出が見送られたようです。なんでも郵政民営化関連法案の成立を最優先するためだそうです。なるほど・・・自民党内でもこの法案には賛成派、反対派両方いるようです。この法案とはどんな法案なのでしょうか。簡単に言えば、人権を守ろうという法律です。詳しくはこちらを参照して下さい。ただ二種類のリンクを貼っておきます。この法案に賛成か反対かは貴方自身で決めてください。

サルでも分かる?人権擁護法案

続・人権擁護法案

ただ私が気になることはこの人権擁護法案に反対する意見があまりにも多すぎるんじゃないかということです。まあ、ネット利用者から見たら勘弁してくれっていう法律だってことは分かりますが。個人的には人権委員会といった機関が人権侵害か侵害じゃないかってのを判別するのはマズイんじゃないかなあと思っています。この機関は内閣が任命するそうです。三権分立がくずれそうですねえ。ボブ夫のどうでもいいことでした。
posted by ボブ夫 at 20:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 本当にどうでもいいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初書き込みですよ!よろしく〜
人権ってのは上辺のきれいのものだけじゃないからなぁ…「同和」「広島」「利権」で調べると…
あと、弁護士ってのも胡散臭いんだよあ〜、裁判は収入源だからね
Posted by すー at 2005年08月02日 17:41
この話題に触れてくれるのは君だけだと思っていました(笑)確かに人権って抽象的だよね。まあ差別があるのは事実だしなあ・・・だからってこんな抽象的な言葉でくくられても困るし・・・こんなこと言いながら自分で条文を読んだわけじゃないんだよね・・・もう少し勉強してみます。
Posted by ボブ夫 at 2005年08月02日 21:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5353566

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。