2005年08月03日

東アジア選手権 中国戦

最悪な2連敗は避けることができましたたらーっ(汗)
それにしても総入れ替えって・・・ジーコも思い切ったこともしますねえ(笑)結果は勝てなかったことを考えれば失敗だったかもしれませんが、いくつかの収穫もあった試合でした。なんといっても田中達也ですね。ゴールを決めた結果はもちろんですが、ドリブルによる突破で多くのチャンスを創り出していました。巻も田中からのクロスになんとか競って空中戦で頑張っていました。ただもっと他の選手が巻を使って欲しいという感じはしました。まあ、ジーコジャパンの戦いの基本はゆっくり中盤でボールを回していくサッカーなので単純に前線に放り込むなという指示があったのかもしれませんが。

注目の両サイドですが左の村井は合格点だったでしょう。なかなかいいクロスをあげていました。ただ右の駒野は微妙でした。前半の最初はいい上がりを見せていたのですがだんだん目立たなくなっていきました。もっと積極性が欲しかったです。とはいえ二人共、欧州組が参加する時の基本の4バックにどのくらい対応できるかはまだ分からないので是非4バックの時も観てみたいですね。

ボランチの阿部・今野コンビは五輪組でした。山本監督のアテネ経由ドイツ行きを実現させるためには正念場でしたが、レギュラーを脅かすほどではないという感じでした。しかし阿部はFKで今野は粘り強い守備で持ち味は発揮していて、特に今野は代表内にいないタイプのボランチなのでもしかすると定着するかもしれません。当面は中田浩二との争いになりそうです。

急造3バックですが、やはり不安定でしたね。特に坪井の不調ぶりが気になります。茂庭は攻撃参加で村井を上手くサポートしていました。

まあ、今回はオール控えメンバーで挑んだわけです。しかも海外組不在を考えれば2.5軍ぐらいだったわけですね。そりゃあ苦戦しますよ。ただ負けているのに無駄な横パスが多すぎです。もっとリスクを背負った縦パスも必要な気はします。これも無理に放り込むなってジーコからの指示があったのかもしれませんが・・・最後に途中交代で三都主を入れたことには恐らくほとんどの代表ファンは怒り狂った思います(笑)でも、ベンチをみるとですね他にいないんですよね。普通に考えたら小笠原かもしれませんが小笠原は後ろでボールを持つタイプで残り時間を考えれば小笠原のようなタイプは起用しないほうが無難だったでしょう。北朝鮮戦でのパフォーマンスを見てもそれほど好調ではなかったようですし・・・そうなるとジーコの選択肢は三都主の投入ぐらいしか攻撃に変化を与えられなかったわけです。そもそもリードを許すってことはあまり考えてなかったんじゃないですかね。こうしてみると選出したメンバーに攻撃的選手が少ないのが問題なのかもしれません。次は韓国戦ですね。最後は勝ってくれ〜。ボブ夫のどうでもいいことでした。
posted by ボブ夫 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(4) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 ジーコは思い切ったことをしましたが、選手が思い切ったことをしなかったですね。やはり全体的に消極的でした。
 三都主は、途中出場ならいいかなと思いましたが、やはり三都主は三都主でした。
Posted by くろ at 2005年08月04日 00:06
こんばんわ!
ホントに今回のリザーブメンバーにしてはよく頑張ったのではないでしょうか??
でも、やっぱりチームとしての役割がはっきりしてなかった様な・・・。次の韓国戦、頑張って欲しいですよね!!
Posted by トミー at 2005年08月04日 00:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5599977

この記事へのトラックバック

スタメンを総入れ替えしたところで… 東アジア選手権 中国戦(男子)
Excerpt:  北朝鮮に対してよもやの敗戦から始まった東アジア選手権。中国戦を前日に控えた段階
Weblog: くろグ
Tracked: 2005-08-04 00:05

日本、無念の引き分け[対中国]〜アジア選手権2005〜
Excerpt: 新しいメンバーでの日本。異例のメンバーで始まった中国戦。前半、いい展開を見せてくれた。今野のパスカット、巻も頑張っていた。しかし、立て続けに2点取られた日本。競り合いが中国に完全に負けていた。後半、ま..
Weblog: tomy@blog
Tracked: 2005-08-04 00:53

覇権奪取が絶望的なドロー【東アジア】
Excerpt: ジーコジャパンにとって東アジア制覇が絶望的な手痛い結果である。 先発メンバー11人を総入れ替えして望んだ東アジア選手権第2戦の中国戦であったが、結果は2対2のドローで終わった。 勝てた試合でもあっ..
Weblog: ガンバレ少年・少女サッカー!富士見丘少年蹴球団・富士見丘アンジェリーナ
Tracked: 2005-08-04 22:16

東アジア選手権 中国−日本
Excerpt: 東アジア選手権って日本と反日三兄弟の対決ですか!? 男子の前に女子のゲームが放送されたけど、何なのあの放送は。CM挟み放題。そのために時間の表示がほとんどないわけ?ふざけんな!と思ったのは私だけ..
Weblog: pixy天邪鬼な言葉
Tracked: 2005-08-04 22:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。