2005年08月07日

東アジア選手権 韓国戦

いやあ、勝ったみたいですね。用事があって少ししか観てないので何とも言えませんが中沢の珍しい足によるゴールが見られてよかったですわーい(嬉しい顔)また少し観た感じでは今野が頑張っていたようにみえました。それにしても田中の怪我は残念でなりません。
3試合終わって日本は2位という結果でした。これはどう評価するべきでしょうか?

今回日本はアジアチャンピオンとして出場したわけで2位という結果は満足できるものとはいえないでしょう。さらに欧州組不在のチームではコンフェデで見せたようなスペクタル溢れる攻撃的サッカーは不可能だという現実も突きつけられ、相変わらずのスロースターターぶりもみせつけました。

しかし、収穫もありました。一番は田中達也でしょう。鋭いドリブルによる縦への突破とサイドに流れてからのクロスは代表の新たな武器となりました。また巻というターゲットマンも台頭してきたこともFW争いの刺激になるでしょう。さらに選手層の薄かったサイドの控えも駒野、村井というニューフェイスによりレギュラー陣と遜色ないプレーをみせてくれました(ちょっと皮肉も入ってますが・・・)阿部や今野も自分の持ち味はそこそこ出せました。

今回の大会を通じて感じたことは3-5-2(3-4-1-2)での戦い方に不安を残すということです。特に司令塔が小笠原一人だとボールをキープしきれないという問題です。やはり3バックで試合に臨む場合は予選のバーレーン戦(アウェー)で見せた3-4-2-1の方が日本らしい戦い方できそうです。とはいえこの場合、攻撃力の優れたMFがいないといけません。レッズの長谷部やガンバの二川あたりの代表入りが望まれますが、本番には欧州組が復活することを考えればそこまで心配しなくてもよさそうです。

それより悪癖のかかりの遅いエンジンをどうにかした方がよさそうです。これは少しずつ意識して解決していかなくてななりませんね。ボブ夫のどうでもいいことでした。
posted by ボブ夫 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5700852

この記事へのトラックバック

韓国に勝利!!@東アジア選手権
Excerpt: いやはや、勝ちました!! 今日の試合は良かった! 中盤をほぼ支配されていて、内容的にはきつかったけど 何より「勝ちたい」という気持ちが伝わってきた!!
Weblog: へっぽこSEの一流への道
Tracked: 2005-08-08 00:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。