2005年08月14日

本能寺の変の謎

織田信長肖像画.jpg本能寺の変は日本史史上に残るクーデタです。実行犯は明智光秀でした。本能寺で信長を抹殺した後、光秀は天下を目指します。しかしご存知のように秀吉により討たれてしまいます。
なぜ明智光秀という人物は信長を裏切ったのでしょうか?そして裏側では何があったと思いますか?過去には様々な説が生まれてきています。もちろん根拠のない説から、非常に論理的な説まで千差万別です。その中からいくつか説をあげていきたいと思います。






(1)怨恨説
割と有名な説だと思うのがこの説です。大河ドラマ等で信長が光秀をいじめている姿を見たことがある人も多いかと思います。人質として敵に送った母親を見殺しにされたり、徳川家康の接待役を任せれた光秀が信長によって叱責されたりと信長の光秀いじめエピソードは数多くあります。
しかしそのどれも信憑性の薄い資料によるものであまりあてになりません。

(2)野望説
この説は明智光秀の戦国の世に生まれたのだから天下を狙っていたという説です。当時、信長の配下武将は各地に散らばっていました。もう少し詳しく述べると羽柴秀吉は中国地方の毛利と柴田勝家は北陸で上杉と滝川一益は関東で北条と丹羽長秀は四国に向かうために戦準備をしている最中でした。しかも信長の手勢はわずかしかいませんでした。つまり京には明智光秀率いる1万数千の兵しかいなかったのです。この隙を逃さず光秀は信長を討ったのです。その後は各地の大名と連携し織田家臣団を討ち取ろうと考えていたといわれています。しかし信長を討った後の光秀の動きは怠慢でありあっという間に秀吉に討たれてしまいました。この説は非常に個人的には好きな説です。やはりあの状況で明智光秀ほどの頭脳の持ち主であれば隙をついて天下を狙っても不思議ではありません。ただこの説は資料的根拠が全くないようです。

(3)朝廷黒幕説
こういった陰謀話は面白いですよね。たしかに朝廷と信長の関係は健全なものではありませんでした。信長の勢力がまだそれほど大きくない時は朝廷の力を頼ったりしていたのですが、勢力が増してくるとだんだん朝廷をそれほど重要視しなくなります。さらに朝廷側は信長に関白、太政大臣、征夷大将軍のどれか一つ好きな官職を与えるとまで言っています。朝廷としてはこの状況は好ましくないと考え、明智光秀に話を持ちかけ信長を謀殺しようと図ったというわけです。

(4)秀吉黒幕説
本能寺の変によって最大利益を得た人物を疑えということで出てきた説ですかね。確かに秀吉の本能寺の変後の行動はあまりに手際がよすぎて怪しい(俗に言う中国大返し)ともいえますが、それだけで犯人されちゃという感じですね。確かに怪しいとは思いますけど(笑)

(5)家康黒幕説
秀吉黒幕説と同じように本能寺の変によって大きな利益を得た人物ですね。さらに家康の場合、嫡男信康を信長によって自害させられています。これにより大きな恨みを持っていたことは予想できます。さらに天海=光秀という説にも繋がっていきますがこれはまた別の機会にでも書きます。

(6)足利義昭黒幕説
これまた信長に恨みを持つ人物ですね。義昭は信長により追放されており当時は毛利の庇護下にありました。その毛利の下、光秀と連絡をとり信長を殺させたというわけですね。光秀と義昭は以前、主君と家臣の関係でした。このパイプがまだ残っていたことは想像できます。

以上が主な説です。さて貴方はどの説を信じますか?個人的には野望説を支持しますけど、計画的犯行ではなく突発的に起きた事件かなと思います。勝負にでたってことですね。結果は失敗に終わりました。しかし勇気ある明智光秀に乾杯!個人的には信長ファンなんで光秀は嫌いなんですけどね。ボブ夫のどうでもいいことでした。
posted by ボブ夫 at 16:06| Comment(3) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして!織田創と申します。
信長関連のブログを書いているので、本能寺の話題とあってはコメントしなくては!と思いコメントさせていただきます。

私は「足利義昭黒幕説」派なんですが、現在残されている資料だけでは、なかなか真相はわかりませんね。そのうち私のブログでも詳しく書きたいとおもいます。
今後ともよろしくお願いします!
Posted by 織田 創 at 2005年08月14日 16:26
 私は光秀に平和の心があったと思う。       信長はまず全国統一したら、朝鮮を侵略しようとするから、光秀は、そんな考えかたに反対してやったと思う 
Posted by ヒゲ at 2006年02月11日 23:02
ytrhygty6t7yt7ytyftyf56
Posted by コウタオロスい at 2006年03月20日 09:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5894110

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。