2005年09月11日

3バックと4バック

今のサッカー日本代表は3バックと4バックを併用しています。解説者の中にはシステムを固定した方がいいと言っている人もいますが、相手によってこれらを使い分けることが今の流動的な形の方がW杯では有利だと思います。もちろん固定することによって組織力をより強めることもいいかもしれませんが、その限界は日韓W杯で見せ付けられました。個人的にはトルシエ時代の代表の最大の難点は得点を獲るためのオプションの少なさだと思っています。右サイドの明神を市川と交代、森島をトップ下かFWとして投入、日韓W杯の際、点が欲しい時にトルシエができたことはこの二つの選択肢ぐらいしかありませんでした。本山のようなジョーカーがいればトルシエのイメージも変わったのかもしれませんが・・・・。

ちょっと話がそれましたが、今の日本は3バックと4バックを併用しているわけです。最近は試合中にも3バックから4バック、4バックから3バックに変更したりする戦術的柔軟性が見られる様になってきています。さらにこの柔軟性を増すためにどうしても欲しいタイプの選手がいます。それはSBをこなしながらCB並みの守備力まで持っている選手です。今の代表レギュラーである加地、三都主の二人は攻撃時に魅力を発揮できるタイプで守備には不安が残るタイプです。サイドの控えを見ても三浦や駒野なども守備ではなく攻撃力がセールスポイントです。そういったことも考えて守備力のあるSBは今どうしても必要な人材だと思われます。実際、ジーコも就任当初は服部という守備力のあるSBを起用していました。さらにCBもこなすことができるメリットは試合中に4バックから3バックに変更したい際に新しくCBの選手を投入しなくてもよくなるということです。また選手交代なしで3バック、4バックの変更ができるようになり戦いやすくなります。そして最大のメリットは日本の強みである中盤の選手枠を広げることができることです。今Jリーグを見渡してこれにあてはまる選手は少し見当たりません。トルシエ時代の波戸の復調に期待しています。ボブ夫のどうでもいいことでした。
posted by ボブ夫 at 16:43| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ボブ夫さん、コメント有り難うございました(*^_^*)
合宿??昔からボブ夫さんのBlogを読んでいたわけでないので、大切な愛読者でありながら何の部に所属されておられるのか知らず知らず失礼しました<(_ _)>又の機会にでも是非教えて下さい。ボブ夫さんの記事読み私も(大筋で)同感です。しかし、3バックか4バックかと使い分けられるようになったというのが何より「日本サッカーの成長の証」で、トルシエ時代には考えられないことですよね。それなのに何故ジーコ監督は未だ人気がないんでしょう(怒)!!
Posted by ロベルト・とうまのお父さん at 2005年09月11日 17:49
確かにジーコ監督の人気はネット上では今ひとつですよね・・・でも世間的に見たら結構人気がある気がします(笑)ようはblogやら何やらをやっている人は何かとりあえず不満をぶつけたいんじゃないですかね〜?ちなみに私が所属している部活はクラシックギターの部活でございます(笑)しかしギターではなくコントラバスという大きなバイオリンみたいな楽器を弾いております^^
Posted by ボブ夫 at 2005年09月11日 18:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。