2005年09月18日

容疑者Xの献身

久しぶりにハードカバーの本を購入しました。文庫本もいいですが、ハードカバーのずっしりくる感じもなかなかいいものです。読んだ本ですが、東野圭吾の最新作である「容疑者Xの献身」です。東野圭吾は個人的に非常に好きな作家です。作品ごとに様々なジャンルに挑戦していて次はどのような作品を出してくるんだろうという気にさせてくれる作家です。

あらすじですが、とある数学教師の近所に母娘が二人で住んでいます。その母娘のもとに昔の父親が訪れます。そして・・・・これしか書きません(笑)今までにありそうでなかった話です。そして登場人物の湯川という物理学者がいるんですが、彼は東野作品の他の作品にも出ています(探偵ガリレオ、予知夢)今までは短編集でしたが、今回初の長編ということで湯川の人となりを見ることができます。その湯川の頭のキレっぷりや苦悩も見所の一つかもしれませんね。

なにやら東野圭吾最高作品という評価もあるようです。個人的には「白夜行」のほうが好きですかね。しかし面白い作品であることは事実です。暇なら読んでみてください。ボブ夫のどうでもいいことでした。

容疑者Xの献身
4163238603東野 圭吾

文藝春秋 2005-08-25
売り上げランキング : 183

おすすめ平均 star
star内面にある行動の価値基準
star拍手!!
starとにかく読もう!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by ボブ夫 at 15:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 本当にどうでもいいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おじゃまします。
買いだめした本たちに埋もれながら、仕事と読書を懸命にこなしているところに、出ちゃいました。東野さんの新作ですよ!
つい最近、東野作品をオトナ買いして超ビンボーの私にはハードカバーの値段は残酷で、ずっと迷ってます。でも、オススメなんですよね。買いますよ、絶対に。

『白夜行』よかったですよね。東野さんの伏線の張り方が好きです。
突然失礼しました。
Posted by kyoron at 2005年09月18日 16:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7054937

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。