2005年10月13日

中田英寿はさすがだねえ

ウクライナ戦の感想ですが……まあ、しゃあない(笑)確かに、審判の不可解な判定や大久保を出すタイミングなどいろいろありましたが……忘れましょう(笑)

とはいっても、忘れるだけではしょうがないのでとりあえずなんか書きます。

3ボランチは成功か失敗かは中田浩の退場により評価しづらいのですが、オプションの一つにはなり得ることが再確認できたと思います。そして最大の収穫は駒野だったと思います。また坪井の復調ぶりがうれしかったです。

さて課題ですが………退場によって試合プランがメチャクチャになったので正直、分かりにくいですね。ラトビア戦の反省をふまえたのかどうかは知りませんが前半は抑え気味に試合をしていたように見えました。後半しばらくしてから大久保、松井の投入で一気にギアチェンジするつもりだったのかなと思います。
それからCBからの組み立てに物足りなさを感じました。しっかりボールを繋いで相手陣内に侵入していくのが日本のサッカー(ジーコの目指すサッカー)です。そうすることによってSBがオーバーラップできる時間が稼げるわけですしね。加地が海外組がいる時の方が、輝けるのはこのためかと。そしてこの実現のためにはDFからのビルドアップが大事になってきます。何も考えずに前線に放り込まれては繋ぐもクソもないんで。宮本がレギュラーで入られるのもこの能力が高いからでしょう。個人的にはその点ではトゥーリオは魅力があると思うんですが……自分でボールを前線まで運ぶこともできるし……世界レベルでできるかどうかは「?」ですけど(笑)まあ高さもあるので使ってみて欲しいところです。

今回の遠征を通して感じたことはシュートで終わる意識の欠如、CBのレギュラと控えのビルドアップ能力の差。

この二点が今後の課題かなと思いました。

今回の試合はジーコが目指すサッカーではありませんでしたが、中田浩の退場後の日本の奮闘ぶりは見応えがありました。中田英は目立ちまくってましたね。きっと本大会でこの経験は生きると思います。本大会では小野、大黒、小笠原、今野、加地、中沢、宮本などの選手が今回のメンバーに加わります。楽しみはとって置きましょう。ボブ夫のどうでもいいことでした。

大久保かわいそう・・・

posted by ボブ夫 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(2) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ウクライナ戦雑感
Excerpt: シェフチェンコ、ベンチにも入ってないじゃん!まぁ、イイか。とりあえず、内容的にはラトビア戦よりも見るべきところがあったように思います。守備ブロックに関しても、ソコソコの修正が見られましたので。とりあえ..
Weblog: 気の向くままに思うまま
Tracked: 2005-10-14 01:34

ダイヤモンドが行く着く先は? 東欧遠征総括
Excerpt: サッカー日本代表は今回の東欧遠征で中盤のダイヤモンド型を実践し、今後の有効なオプションのひとつであることは確認できた。4−3−1−2になったり、4−1−3−2になったりと状況に応じて、流動的に変化する..
Weblog: Matsuno-FC Blog
Tracked: 2005-10-15 19:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。