2005年11月06日

ガムシロップ

ガムシロップって何だ?と疑問に思ってしまいました。そこで調査開始!
「ガムシロップ」とは「乳化剤としてアラビア-ゴムを加えて煮溶かしたシロップ」(goo国語辞典より)

アラビア-ゴムって・・・?

「アラビアゴムノキの幹から採った樹液。水に溶ける。錠剤の結合剤や接着剤の原料、また食品の乳化剤とする」(goo国語辞典より)


乳化剤って・・・?

「乳化を容易にして安定に保つ物質。多く界面活性剤が用いられる。食品に添加されるものには,マーガリンに用いるグリセリン脂肪酸エステルなどがある。マヨネーズでは卵黄に含まれるレシチンがその役を果たす。」(goo国語辞典より)

乳化って・・・?

「互いに溶け合わない二種の液体に界面活性剤を加え攪拌(かくはん)するなどして、一方を他方の中へ分散させ、エマルションを生成させること」(goo国語辞典より)

う〜ん調べれば調べるほど知らない単語が出てくる・・・負けてたまるか!

界面活性剤って・・・?

「界面に集まりやすく、少量で界面張力を小さくする作用をもつ物質。例えば、石鹸(せつけん)水は水よりも界面張力が小さいが、これは石鹸の分子中にある疎水基と親水基のため分子が界面に吸着され、界面を広げようとする作用が界面張力を弱めることによる。洗剤・乳化剤・帯電防止剤などに用いられる。表面活性剤。」(goo国語辞典より)

エマルションって・・・?

「分散系の一。液体中に他の液体が微粒となって分散しているもの。例えば、牛乳は水中に油が微粒となって分散しているもの、バターは油中に水滴が分散しているものである。乳濁液」(goo国語辞典より)


分散系って・・・?

「一つの均一な物質の中に他の物質が微細粒子として散在している混合系。懸濁液・乳濁液・コロイド溶液・真の溶液など。」(goo国語辞典より)

私には「ガムシロップ」は一生理解できないかもしれません。ボブ夫のどうでもいいことでした。
posted by ボブ夫 at 16:40| Comment(5) | TrackBack(0) | 本当にどうでもいいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
500_gの三角フラスコにベンズアルデヒド32cを入れ、これにKOH水溶液を加える。混合溶液を5分間、エマルジョンができるまで手を使って激しく撹拌振とうする。

〜応用化学実験IIテキストより〜
Posted by すー at 2005年11月06日 19:05
なんか久しぶりです。また来ます・・・
Posted by 夫人 at 2005年11月06日 19:25
久しぶりに気合の入ったどうでもいいことですね。

てか、ほれ見ろ!!やっぱり樹液じゃん(笑)
Posted by 恋愛至上主義 at 2005年11月06日 21:56
世の中は謎がいっぱいですね…。
Posted by mansaku21 at 2005年11月07日 15:48
ガムシロップにこんなに苦戦するとは思いませんでした……
Posted by ボブ夫 at 2005年11月08日 17:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。