2006年05月11日

三つ子の魂100まで、ボブ夫

清原の成績。ボブ夫のどうでもいいことでした。
posted by ボブ夫 at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

WBC優勝

日本頑張りました。すごいです。それ以上のことは言えないです。まあ各選手のすごさはそれこそあちこちのブログで書かれているはずなんで今回は細かいことは書かないです(笑)みんな頑張りました。個人的に一番しびれたのは大塚のコメントでした。WBCに出ることによって所属チームではどうなるか分からないけど、日の丸をつけて頑張りたかった的な発言をしていました。しびれます。しびれすぎます。しかも出場を辞退したら将来きっと後悔すると思ったとも言っていました。格好いいですね。シーズンを戦うことが大事だからといって辞退した選手はどう思っているんですかね(笑)ま、今回辞退することによって大きく株を落とした選手はタイトルでもたくさんとって金稼いでください。言い過ぎましたかね(笑)

後もう一つ気になったことがありあます。イチローが大会でクールな印象からチームプレーに徹する熱い男に変わったというマスコミの報道がありあますが・・・イチローをクールにさせたのは他ならぬマスコミであったような気がするんですが・・・・それにそもそも熱くない男はシーズン中、全力疾走で内野安打を稼ぐようなことはできないと思うんですが・・・・なんかイチローが今まではさめてた選手だと決め付けているようで少し??な気持ちです。ボブ夫のどうでもいいことでした。
posted by ボブ夫 at 10:30| Comment(3) | TrackBack(1) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月20日

WBCについての続き

まず捕手ですね。城島(ソフトバンク)は決定です。肩、リード、経験、打撃どれをとっても日本球界でトップの捕手です。それに続くのは古田(ヤクルト)、谷繁(中日)の二人ですが古田は年齢が高齢すぎるので今回は谷繁にします。そして三人目をどうするかです。候補者としては阿部(巨人)、矢野(阪神)、里崎(ロッテ)の三人になります。阿部は打撃面を考えた場合、メンバー入りさせたいところですが、リード面に大きく不安を残します。他の野手の選考をするまで第三捕手は保留にしておきます。
次は内野手です。一塁は実績と経験を考え、松中(ソフトバンク)は当確でしょう。ただ怪我が怖いのでDHが理想です。続く候補としては小笠原(日ハム)、新井(広島)ですかね守備面を考えれば小笠原でしょう。二塁は井口(ホワイトソックス)をレギュラー二番として考えています。控えは荒木(中日)、仁志(巨人)の二人が上がります。足は荒木の方が上、長打力は仁志の方が上。両者甲乙つけがたいのですが個人的な好みで荒木にしておきます。西岡もいい選手だとは思うのですが、二塁はスペシャリスト任せたかったので・・・三塁は今岡(阪神)岩村(ヤクルト)、新井(広島)、今江(ロッテ)、小久保(巨人)、中村(ドジャース)と候補者が乱立しています。走攻守にバランスのとれた岩村と打点王の今岡を選出します。
遊撃はチームリーダーとしてチームを統率できる宮本(ヤクルト)、さらに極端に失策の少ないだけでなく打撃でも持味を発揮できる井端(中日)の二人にします。

最後に外野です。イチローと松井秀の二名は決定。残りは四人になりました。センターの人材がほしいので赤星にしておきます。あの盗塁技術は日本の武器になるでしょう。他は右の大砲として多村(横浜)、スイッチヒッターである金城(横浜)中日の主砲でアテネでは一番も打った福留で決定。ここまで決まったメンバーをみてスタメンを組んでみます。、

一番 イチロー
二番 井口
三番 松井秀
四番 松中
五番 今岡
六番 金城
七番 城島
八番 小笠原
九番 宮本

代走 赤星、荒木
守備 井端
代打 福留、多村、岩村
   
こうしてみると控えには岩村、福留という左のスラッガーが二人いるため第三捕手として阿部を控えにおいてもあまり使われなさそうなので右打ちで勢いのある里崎を第三捕手として選出し野手の選考を終えます。
マイベスト日本代表30人が完成しました!

投手
松坂、杉内、渡辺、和田、石井一、黒田、小林、藤川、大久保、菊地原、岩瀬、石井弘、大塚 野手
城島、谷繁、里崎
松中、小笠原、井口、荒木、井端、宮本、今岡、岩村
イチロー、松井秀、赤星、多村、金城、福留 次は戦い方について書きます。果たしてこのシリーズはどこまでつづくのか……ボブ夫のどうでもいいことでした。
posted by ボブ夫 at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

WBCについて

WBC(ワールドベースボール・クラシック)の代表が決定しました。以下の通りです。

◇WBC日本代表

○投手  年齢 所属   投打 勝  負 セーブ
清水 直行30ロッテ   右右 10 11 0
渡辺 俊介29ロッテ   右右 15  4 0
小林 宏之27ロッテ   右右 12  6 0
和田 毅 24ソフトバンク左左 12  8 0
杉内 俊哉25ソフトバンク左左 18  4 0
松坂 大輔25西武    右右 14 13 0
上原 浩治30巨人    右右  9 12 0
黒田 博樹30広島    右右 15 12 0
藤田 宗一33ロッテ   左左  1  4 0
藪田 安彦32ロッテ   右右  7  4 2
藤川 球児25阪神    右左  7  1 1
石井 弘寿28ヤクルト  左左  4  3 37
大塚 晶則33パドレス  右右  2  8 1

○捕手             本塁打 打点   打率
里崎 智也29ロッテ   右右 10  52  .303
谷繁 元信34中日    右右 14  65  .234
阿部慎之助26巨人    右左 26  86  .300
○内野手
西岡 剛 21ロッテ   右両  4  48  .268
今江 敏晃22ロッテ   右右  8  71  .310
松中 信彦31ソフトバンク左左 46 121  .315
川崎 宗則24ソフトバンク右左  4  36  .271
小笠原道大32日本ハム  右左 37  92  .282
岩村 明憲26ヤクルト  右左 30 102  .319
新井 貴浩28広島    右右 43  94  .305
井口 資仁31ホワイトソックス
             右右 15  71  .278
○外野手
和田 一浩33西武    右右 27  69  .322
金城 龍彦29横浜    右両 12  87  .324
多村 仁 28横浜    右右 31  79  .304
青木 宣親23ヤクルト  右左  3  28  .344
イチロー 32マリナーズ 右左 15  68  .303

いい選手が集まったと思います。これで世界一を目指して欲しいものです。でも今日は暇なので自分が監督になったつもりでいろいろ考えていきます。続きを読む
posted by ボブ夫 at 11:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月25日

ロッテ強し

ロッテが圧倒的強さを見せ付けていますね。ロッテが優勝したらガムを無料配布とかしてくれるといいですね。多分してくれませんね。ボブ夫のどうでもいいことでした。
posted by ボブ夫 at 23:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月10日

終わった・・・

終わりました・・・西武の今シーズンが終わりました。結構悲しいシーズンでしたね。特に投手陣の編成がきつかったですね。シーズン通じて計算できた先発陣が松坂、西口、帆足の三枚がくらいしかいませんでした。リリーフ陣も貧弱と言わざるを得ない状況でした。豊田の離脱も痛かったですね。森−豊田の方程式の復活、あるいは新しいリリーフエースの登場が待たれます。

野手陣も勝負所で弱かった気がしますね。特に松坂が投げる時は援護が少なすぎました。シーズン序盤で松坂に勝ちがつかなかったためチームに勢いがでなかったことが今シーズンの低迷の一因だったと思います。ただ「おかわり君」こと中村、栗山、片岡、石井といった新鋭の登場だけでなく、カブレラと和田も健在ぶりを見せてくれました。これ以外にも中島、佐藤、赤田といった若手もいるわけです。野手陣に関してはしばらくは安泰ですね。

さて来期についてですがやはり投手陣の再編成が求められます。リリーフ陣は深刻です。豊田が巨人にFA移籍する可能性がありますが、移籍しようがしまいが、補強が必要でしょう。横浜のクルーンのように若くて安い外国人が取れれば万々歳です。先発陣は山岸、宮越、大沼といった期待できる人材がいますが、やはり心許ないですね。涌井の奮起に期待します!ボブ夫のどうでもいいことでした。

清原が西武に来なくてよかった・・・
posted by ボブ夫 at 20:58| Comment(1) | TrackBack(1) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月30日

リリーフ投手の価値

今年の阪神優勝の大きな要因はリリーフ投手の充実だったことは言うまでもありません。ウィリアムズ、藤川、久保田の安定感は抜群でプロ野球史上でも最高レベルのリリーフ陣だったといえます(去年の中日も岩瀬、岡本など完璧でしたが)。特に藤川の防御率は一点台、そして登板数も80試合に届きそうです。まさに今シーズン最高のリリーフ投手でした。

しかしリリーフ投手というのは非常に評価されにくい役割だと言われています。やはり数字になりにくいのが大きな理由でしょう。特に問題なのがイニング数が少ないので防御率が悪化しやすいことですね。たまたま調子が悪い日に3,4失点すると一気に防御率は上がってしまいます。逆に失点しても味方が点を取ってくれれば勝ち星がつきます。

ここで質問です。どちらの選手のほうがいい成績といえるでしょうか?

A投手 8勝1敗 26S 2.55
B投手 0勝3敗 26S 2.55

A投手の勝ち星はすべて救援勝ちとします。

どっち!?
posted by ボブ夫 at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

そりゃねえよ・・・

楽天が田尾監督解任へ 新球団、90敗の成績不振

今シーズン誕生した楽天ですが最下位を独走状態でした。しかし、厳しい戦力の中でよく頑張ったと思います。特にリーグ中盤は粘り強さも見せていてチームカラーもなんとなくですが見えてきていました。そして、一場、有銘といった若手も成長を見せています。またベテランも一花さかせようと意地を見せています。外国人は失敗しましたが、来シーズンに向けて補強ポイントがはっきりしていていいです(中途半端な成績だと来期の契約に迷ってしまう)そしてFAでいい日本人選手を獲得できれば、もしかしたらプレーオフを狙えるかもしれないのに・・・・

これからって時に監督を解任してどうするんですか!

続きを読む
posted by ボブ夫 at 18:59| Comment(5) | TrackBack(19) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

西口君、君はえらいよ・・・

いやあ、西口10回完封!ナイスピッチング!しかも一安打完封ですよ!すごい、すごい、すごすぎる!味方が一点でも取ってたら完全試合!やっぱり運がないのね・・・でもそんな西口が大好きです。本人は2、3点とってくれてたらこのピッチングはできないですとのこと・・・いやあもう貴方には何も言わないよ!少しでも長く現役を続けて私達を感動させてくれ!本日二回目のボブ夫のどうでもいいことでした。

ランキング急上昇中!
posted by ボブ夫 at 14:01| Comment(4) | TrackBack(1) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

優勝するためには

久しぶりに野球の話題もいいもんですよね。というわけで今シーズン、セリーグでは阪神が首位を走っています。四番の金本、盗塁王赤星、打点王今岡と打撃陣の好調も目立ちますがやはりリリーフ陣の充実が大きいですね。ウィリアムズ、藤川、久保田という磐石のリリーフ陣で接戦をものにしています。ペナントを制する一番重要なことはリリーフ陣の充実だと思います。ここで大事なことは充実ということですね。一人じゃだめなんです。充実ってとこが大事です。過去ペナントを制したチームを見ていきましょう。
続きを読む
posted by ボブ夫 at 17:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月04日

西口好調!

今シーズン西武の西口は絶好調です。ただいまの成績は13勝3敗です。すばらしすぎです。文句なしで西武のMVPです。もともと安定した成績を残してくれるのが魅力の投手だったのですが、それはピッチングが安定していたのではなく、シーズン通じた成績が安定しているという意味でした。そのため最多勝をとったシーズンでもKOされていた試合は結構ありました。それが今シーズンはピッチングそのものが安定してきました。それにともない防御率が向上、負け数の減少という好循環がおきています。なぜここまで好調なのでしょうか?

続きを読む
posted by ボブ夫 at 14:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月10日

今日の西口

本日の西口の投球は安心して見ていられましたねわーい(嬉しい顔)やはりソフトバンク相手には頼りになります。これで11勝目です。本気で最多勝が狙えそうですが・・・・きっと獲れません(笑)そういう投手なんです。恐らく1勝足らずとかで逃すんですよ。まあ今シーズンはストレートの勢いが復活したのでこれからもバリバリ活躍してください。ボブ夫のどうでもいいことでした。
posted by ボブ夫 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月01日

西口文也

西口文也とは私の一番好きなスポーツ選手です。西武ライオンズの主力投手として今シーズンもすでに9勝をあげています。躍動感のあるフォーム、キレのあるストレート、魔球スライダー、バレバレのチェンジアップ、好調時は誰も打てないが不調時は誰にでも打たれてしまう不安定さ、気付くと10勝している安心感、知名度の低さ・・・・・・すべてがツボです黒ハートそれでもMVPとか沢村賞とか最多勝とか結構タイトル獲得してるんですよたらーっ(汗)彼のファンになったきっかけは「プロ野球チームもつくろう」というセガ・サターンのゲームでした。そのゲーム内で彼が素晴らしい活躍をしていたので、実際に見てみたいと思ったのです。今思えばこれが私がプロ野球を見始めたきっかけでしたね。その年の開幕戦は西武対日本ハム。先発はもちろん西口文也。どんなピッチングを見せてくれるのかとワクワクしていました。そしてプレイボールexclamation×2
あれ、あれ、あれあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
なんか打たれている。おかしい・・・・結局負け
次の試合・・・・・負けたらーっ(汗)
次の試合・・・・・負けたらーっ(汗)
次の試合・・・・・負けたらーっ(汗)
なんと八試合なげて1勝7敗あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
西口どうしたんだexclamation&questionあんなにゲームでは完璧なのにバッド(下向き矢印)
もう野球見るのやめようかなと思いだしていたときでした。
西口開眼exclamation二試合連続完封exclamation×2
その後とりつかれたように勝ち続け、この年の最多勝に輝きましたグッド(上向き矢印)
この意味不明さにやられてしまいました(笑)最近はこの意味不明さが隠れて安定したピッチングを見せています。ちょっと寂しい気もしますがこれからも応援していきたいと思います。ボブ夫のどうでもいいことでした。続きを読む
posted by ボブ夫 at 12:30| Comment(3) | TrackBack(1) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。